校章 名古屋市立山田高等学校
〒452-0817  名古屋市西区二方町19-1  [Tel] (052)501-7800  [Fax] (052)504-2968  [E-mail] yamada-h@nagoya-c.ed.jp

ご挨拶



   山田高校は、昭和53年(1978年)に創立され、平成30年で41年目を迎えた名古屋市立高校14校の中で2番目に若い学校です。

 名古屋市の西に位置し、交通の便に恵まれながら、静かな環境で全日制課程普通科1年7学級、2年7学級、3年7学級の併せて831名の生徒が学習しています。

 これまで卒業生は既に1万人を超えており、「若竹のごとき健やかさ 枝折れしない柔軟性 節度ある若人の育成」をスローガンに先生方が温かく、そして厳しく、生徒一人一人に情熱を傾けています。

 本校の伝統となった『朝の読書』は、学習に入る前に気持ちを落ち着かせ、学力向上に役立っています。また、AEDをいち早く保健体育の時間に取り入れ、命の大切さを伝える教育、新川の環境調査を中心とする環境教育などに取り組み、人の痛みのわかる教育を目ざしています。

 本校がより活気ある学校になるように、様々な場面で更なる成長をめざして生徒と共に教職員一同、一所懸命取り組んでまいります。今後とも、ご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
第16代校長   瀬 寿雄    


教育スローガンの「若竹」をイメージした体育館緞帳



== 山田高校の特色 ==

落ち着き
朝、8時30分から8時40分は「朝の読書」全校が静寂に包まれ落ち着きをもってST、1時限と入っていきます。


きっちり
生活規律について丁寧に指導します。遅刻は全市立で最も少なく、身だしなみなど、学校は学ぶところであることを第一として指導します。


あつく
長期休業中の学習講座など、各々の生徒にあった学力の補充をあつく丁寧に実施しています。


鍛える
様々な部活動、同好会で個々の個性を伸ばし、ともに汗する仲間とともに自ら鍛え、目標に向かう姿勢を大切にしています。


先進
普及しつつあるAEDのトレーニングを他のどの学校よりもはやく保健体育のカリキュラムにのせ、全員に指導をしています。また、「地球人」としての環境教育も理科の授業で具体的に取り組んでいます。時代に必要なハートと能力を先進的取り組みで育てます。

Page Top
Copyright ©1978- Yamada Senior High School. All rights reserved.