校章 名古屋市立山田高等学校
〒452-0817  名古屋市西区二方町19-1  [Tel] (052)501-7800  [Fax] (052)504-2968  [E-mail] yamada-h@nagoya-c.ed.jp

図書館



POPコンテストに2名入賞!

平成29年12月7日(木) 
  名古屋学院大学主催のPOPコンテスト2017に、図書委員会が参加し2名が入賞しました。
12月7日(木)、名古屋学院大学商学部の宝島格教授に来校いただき表彰式が行われました。

  このコンテストは、書店などに設置される販売促進のための広告POPの出来栄えを競うもので、イラストなど総合的な出来栄えを競う「総合部門」と25文字以内のキャッチコピーを競う「キャッチコピー部門」があります。今年は全国から総合部門921点、キャッチコピー部門315点の応募があり、本校からは図書委員45名が参加しました。

  図書委員会は、今年7月に宝島格教授のPOP作成講座を受講し、広告やPOP作りを学習しました。
その成果は、図書館内外のPOPやポスター作りなどにも役立っています。

  POPコンテスト2017
   「キャッチコピー部門」 優秀賞 2年 沢田龍真さん
   「総合部門」      敢闘賞 3年 酒井由佳さん  
 




読書会(ビブリオバトル)

          
平成29年11月1日(水)
 11月1日に読書会(ビブリオバトル)をおこないました。今年は30人近くの生徒・先生がテーマに合わせて本を紹介しました。開会にあたって、図書委員長が12月におこなわれる鑑賞行事にちなみ狂言の本を紹介しました。そのあと、司会・記録を担当した実行委員とともに参加者は8つのテーブルに分かれ、バトルを繰り広げました。昨年度と同じくテーマは「朝読で読みたい本」。最後はそれぞれのグループ内で投票を行い、一番みんなが読みたくなった本を「チャンプ本」としました。さいごに、教頭先生から「いつも通勤の時には本を読んでいる」というエピソードとともに本を紹介していただきました。いつもとは違った形で本に親しむことができたひとときとなりました。
【参加者の感想】                                       (写真部による撮影)
 ・読んでみたいと思える本を見つけることができた。
 ・学年の境を気にせずに、本について話すことができた。
 ・自分では手に取らない本を知るいい機会であった。

 決定したチャンプ本は以下の通りです。図書館でも順次紹介・貸し出しを行います。各テーブルで話し合って作成した本の紹介文が、素敵なポップになっています。ご期待ください。
 ☆「一週間フレンズ。」 葉月抹茶          ☆「NO.6」 あさのあつこ
 ☆「あなたに逢えてよかった」 新堂冬樹      ☆「豆の上で眠る」 湊かなえ
 ☆「妖怪アパートの幽雅な日常」 香月日輪    ☆「塩の街」 有川浩
 ☆「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦       ☆「猿蟹」 鯨統一郎



図書館リニューアル

 平成21年秋、改修工事が行われ、図書館が広く明るく生まれ変わりました。
本の閲覧と共に、新着図書紹介のコーナー、インターネット検索コーナー、個人ブースも整備され、館内は無線LANも使用ができます。また、昨年よりバーコードによる貸出も行われています。

開館時間

昼放課 & 授業後17:00まで



芸術鑑賞会

毎年、図書館部主催で鑑賞行事を実施しています。

平成29年12月21日(木)
 12/21(木)に 名古屋国際会議場センチュリーホールで狂言の鑑賞を行いました。当日は鑑賞行事に先立ち、山田高校創立40周年の記念式典も行われました。
 柿山伏(かきやまぶし)【上演時間20分】、棒縛り【上演時間30分】を鑑賞しました。最小の装置や小物で、平面で演じているのに高低を感じさせる演技や、平面上なのに奥行きや時間を感じとることができました。演目の間には、生徒参加の体験コーナーも設けていただいて、楽しく鑑賞することができました。
   
(一部写真部による撮影)

平成28年12月21日(金)
12/21(水)に名古屋市公会堂にて鑑賞行事が行われました。
 今年度はジャズ・サックス奏者のMALTAさんにお越しいただきました。MALTAさんの華麗な演奏は、ピアノのAYAKIさん、ベースの鳥越啓介さん、ドラムのジーン・重村さんと共に奏でられました。校歌をジャズアレンジで演奏するというサプライズもありました。特別ゲストとしてジャズ・ヴォーカリストのギラ・ジルカさんも登場し、ジャズナンバーやクリスマス・ソングを歌っていただきました。普段本格的なジャズに触れる機会が少ない生徒たちは、その素晴らしさに圧倒されていました。また、MALTAさんの愛情溢れるトークからも様々なことを学ぶことができました。MALTAさん達はフィナーレで「フレー!フレー!YAMADA!!」とエールを送ってくださいました。

平成26年12月19日(金)
2014年度 鑑賞行事 講演会 絵本作家 宮西達也さん
 昨年12月19日の芸術鑑賞において、絵本作家の宮西達也さんの絵本を交えた講演が行われました。講演の最中には、宮西さんの絵本の読み聞かせや生徒が参加しての作品の音読、外国版の作品の紹介などもありたいへん盛り上がりました。宮西さんは楽しく面白いお話だけでなく、本当に大切なものとは何かということを改めて気づかせてくれるようなお話もされ、皆さんの心にも深く響いたことでしょう。私たち山高生も今回の宮西さんのお話を生かし、これから自分自身の進むべき道をしっかりと考えていきましょう。宮西さん、素敵なお話を本当にありがとうございました。宮西さんの作品に興味を持った方は、ぜひ図書館や書店などに足を運んでみてはいかがでしょうか。素敵な発見があなたを待っているかもしれません。

平成25年12月19日(木)
12月19日(木)名古屋市教育センターにて和太鼓グループ『打打打団天鼓』による和太鼓演奏を鑑賞しました。
バチで始まるダンスや迫力ある太鼓の響きに私たちは徐々に引き込まれ魅せられました。
2メートルもあるかと思われる大きな太鼓から繰り出される音は、振動となって会場を包み、私たちの心をも揺さぶるほどでした。
また、大小さまざまな太鼓だけでなく三味線、鉦、笛といった和楽器もまじえた演奏やコミカルな演技は、変化に富んで私たちを大いに楽しませてくれました。
団員が一団となってリズムよく太鼓をたたく様はとても爽快で、本当に素晴らしい演奏でした。
体験コーナーでは10名の生徒が舞台に上がり、バチさばきも上手にミニコンサートを披露してくれました。
和太鼓演奏を初めて鑑賞する生徒も多く、よい経験になったと思います。
来年度は名古屋市公会堂にて、絵本作家の宮西達也先生の講演を予定しています。乞うご期待です。今後も素晴らしい鑑賞行事を行っていきたいと思っています。

平成24年12月14日(金)
劇団「芸優座」による公演『ベニスの商人』(名古屋市公会堂にて)

舞台は16世紀のベニス。衣裳も装置も当時を思わせる華やかなもので、劇が進行するにつれ観客は皆、劇中へと引き込まれていきました。
アントーニオーとバサーニオーの友情、ポーシャ姫と召使いの会話、ポーシャ姫への求婚場面など、見所が随所に散りばめられていましたが、何と言っても圧巻はシャイロックがアントーニオーに借金の返済を迫る場面でした。
シャイロックを演じられた平塚仁郎さんは演出も手がけてみえますが、80歳というお年ながら鬼気迫る迫真の演技で私達を魅了してくださいました。
あまり演劇に触れることの少ない生徒達が、こうした重厚な演劇を鑑賞できたことは貴重な経験だと思います。

平成23年12月21日(水)
勝崎耕世さん講演会『道は開ける』(名古屋市教育センターにて)

今季まで中日ドラゴンズのコンディショニングコーチをされていた勝崎耕世さんに講演をしていただきました。
勝崎さんの実体験を中心とした貴重なお話に刺激を受け、質問コーナーでは多くの生徒の手が上がり、楽しくもためになる講演会となりました。

平成22年12月21日(火) 
音楽鑑賞『聴いてみよう!振ってみよう!?オーケストラの名曲たち』(名古屋市教育センターにて)
演奏:愛知室内オーケストラ 指揮:角田鋼亮氏

素晴らしい演奏の合間に、楽しく学べるコーナー(指揮者体験・楽器紹介)もあり、
オーケストラの魅力を肌で感じることができました。最後の曲ではアンサンブル部の生徒も演奏に参加し、緊張しながらも貴重な経験となったようです。

平成21年12月18日(金) 
演劇鑑賞『地雷探知犬NEENA』(名古屋市教育センターにて)
出演:劇団マグネットワールド

カンボジアにまかれた「死の種」=「地雷」。その無数の地雷が多くの人々を苦しめている現状と、命をかけてそれらを撤去する人間&地雷探知犬の姿に、生徒たちは大いに心を揺さぶられたようでした。

Page Top
Copyright ©1978- Yamada Senior High School. All rights reserved.