校章 名古屋市立山田高等学校
〒452-0817  名古屋市西区二方町19-1  [Tel] (052)501-7800  [Fax] (052)504-2968  [E-mail] yamada-h@nagoya-c.ed.jp

ユネスコスクール



市立高校で初めて加盟の承認を受けました
 平成24年12月、山田高校が取り組む「命」「環境」「心」を大切にする人間教育のプロジェクトが認められ、名古屋市立高校で初めてユネスコスクール加盟が承認されました。

 ユネスコスクールとは、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の理念を実践する世界180か国、約9000校、日本では550校の学校のネットワークです。

 今後も本校では、従来の特色ある取り組みを、さらに進め、ユネスコが掲げるESD(持続可能な開発のための教育)の実践を行っていきたいと考えていきます。
ユネスコスクール認定書





ESD子どもフォーラム
 平成25年12月23日(祝)に、名古屋国際会議場で開催されました「ESD子どもフォーラム」において、山田高校の生徒が発表をしました。(主催:ESDユネスコ世界会議 あいち・なごや支援実行委員会)

 午前中のポスターセッションでは、愛知県内の小・中・高(55校)が、各校の取組を発表しました。
 山田高校は、「命・心・環境」をテーマに、
 ・AED講習
 ・赤ちゃんとのふれあい交流
 ・老人ホームでのアンサンブル部による慰問演奏
 ・平和学習
 ・地域清掃活動
 ・新川の水質調査  など
 普段の取り組みを模造紙にまとめて、
 発表しました。

 午後の成果発表では、夏休みから参加・学習を
 してきた生徒による発表が行われ、地球規模で
 の視点をもった課題解決に向けた議論が紹介
 されたり、身近なところから行動することの大切
 さが呼びかけられたりしました。

 山田高校からは、「環境学習コース」と「防災学
 習コース」に参加した生徒が、他校の児童・生徒
 とともにレセプションホールのステージで堂々と
 発表しました。

 また、ESDオフィシャルサポーターである「さかなクン」による講演もあり、最後まで盛り上がったイベントでした。

 平成26年には、名古屋で「ESD国際会議」が開催されます。
(ESD [Education for Sustainable Development] とは、持続可能な社会の担い手づくりの取組です。)





 日本ユネスコ協会連盟が主催する「第4回ESD国際交流プログラム」に参加する高校生を選出する「高校生ESD作文コンテスト」(課題「持続可能な社会を目指して、私にできること」)において、本校2年生の田中美穂さんが見事選ばれ、3月23日〜29日にドイツ・ハイデルベルグとフランス・パリ研修へ派遣されることになりました。
 今回のコンテストには、全国から141名の応募があり、選考の結果14名が選出されました(愛知県からは田中さんを含めて2名)。

 3月5日(水)には、「名古屋ユネスコ協会」様と「ESDユネスコ世界会議あいち・なごや支援実行委員会」様のお世話により、愛知県公館において大村秀章愛知県知事に報告を行い、知事から激励の言葉をいただきました。田中さんは、知事をはじめ多くの関係者の前で、作文の概要と海外派遣での抱負を述べました。





ESD国際交流プログラム報告会
平成26年度一学期始業式において、3月にドイツ・フランスに派遣されました「第4回ESD国際交流プログラム」に参加した3年生の田中美穂さんによるプレゼンテーションが行われました。






愛知県では、県民の皆様と知事とが直接、県政について語り合う「大村知事と語る会」を開催しています。

平成26年7月23日(水)に栄ガスビルで開催されました「大村知事と語る会」では、 11月に愛知・名古屋で開催されるESDに関するユネスコ世界会議を前に、ESDの理念に基づく活動を行っているユネスコスクールの高校生が活動事例を発表し、その内容について知事と語る内容でした。

山田高校を含む県内4校の生徒が「みんなで取り組むESD −高校生と語るESDの最前線!−」をテーマに日頃の活動を発表し、貴重な経験をしました。
平成26年度 第1回 大村知事と語る会 ←(ここをクリックするとUstreamライブ配信で動画が見られます)


Page Top
Copyright ©1978- Yamada Senior High School. All rights reserved.